ITパスポート勉強のコツは、テキストをよく読むことです。 ITパスポートは新しく始まった試験ですので、過去問題がほとんどありません。 また、初級シスアドの試験より、試験時間が短くなったため、過去の問題をあまり出さないんじゃないかと言われています。 つまり、ITパスポートは過去問題がでない試験になるかもしれません。 そのため、テキストをしっかりと頭に入れることが合格への近道になります。 テキストを読むことに重点を置きつつ、過去問題を解いて試験問題慣れしていきましょう。 また、出やすい範囲を調べた上で、その範囲を重点的にやっていくのがベストです。 ITパスポートでは、初級シスアドにはなかった用語問題があるのです。 用語の意味を調べたり、暗記(覚えたいことを別のイメージや体の部位などに結びつけたりする方法もあります)することも大切です。 まだ歴史が浅い試験なので、テキストが最も勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)に適しているのです。 「比較的簡単」と言われている試験そうはいっても「国家資格にしては」なので、しっかりと勉強してください。 テキストの隅々まで目を通し、過去問(解いてみることで、今の自分の学力がある程度わかるはずです)題を解くことが効率のよい勉強法ですー